男の人

会社に委託|多くの人が満足するサービス付き高齢者住宅

安い価格で利用できる

PCを触る人

老人ホームなどを利用する多くの人は、国民健康保険を利用して格安で介護サービスを受けています。利用者側からすれば安い費用で施設の利用ができますが、業務を行なう職員からすれば多くの手続きが必要となるものです。保険利用によって割引した介護料は、国保連へ請求しなければなりません。しかし、国保連では請求額が適正なものか厳格に判断するため、保険によって割引した額面だけを伝えればよいわけではありません。介護給付費の詳細な明細のほか、利用者のケアプランに関する帳票なども提出しなければならないため、国保連請求の書類は作成に大きな手間が掛かります。ただでさえ忙しい介護の仕事で、このような国保連請求のための書類を作るのは職員にも大きな負担が掛かります。そのうえ、国保連では少しでも書類に問題が見つかれば、すぐに申請を却下してしまいます。計算ミスや、数字の記入ミスなどが一箇所でも見つかれば却下されてしまうので、書類作成には人的ミスも起こさない慎重さも必要となります。このような業務負担が大きい国保連請求の業務は、介護伝送ソフトの利用が最適となります。数字の計算もほぼ自動でシステムが行なってくれるほか、表も見やすいので記入ミスも防ぐことができるでしょう。介護伝送ソフトの機能により、国保連へもデータをそのまま送信できるので、わざわざ郵便局を利用する手間も省けます。

介護伝送ソフトでは、ソフトを販売している会社のISDN回線を使用できるので、負担なくデータを国保連まで送ることができます。自分たちの施設にISDN回線を引くとなると、回線の使用料や導入における費用も掛かります。介護の現場では設備導入や消耗品などの費用も高額であるため、回線を新規に導入するとなると費用の負担が問題となる場合もあるのです。介護伝送ソフトの会社の中には、伝送するデータを会社に送ることで、ISDN回線を使って国保連へと送信するサービスも行なっています。介護伝送ソフトの会社を中継して、データ容量の重い請求データをスムーズに送れるので、手間も掛からずすぐに請求を行なうことができるでしょう。施設にISDN回線を引かず、一般のネット回線から送ることができるので、費用の負担もなく伝送することができるのです。