男の人

会社に委託|多くの人が満足するサービス付き高齢者住宅

生活に変化をもたらす

シニア女性と介護士

高齢者の方が毎日充実して暮らすためには、日々の生活に変化や刺激も必要となります。年齢が高くなれば、若者と同じく活動的な生活は送れないので、室内でゆっくり過ごさせる方がよいと多くの人は考えます。しかし、毎日室内で変化の乏しい生活を送ると、さまざまな病に罹る可能性があるため、問題となるのです。脳への刺激が少なくなることで発症する病と聞けば、多くの人は認知症を上げるでしょう。脳細胞は受け取る刺激が少なくなると、使用しない領域を自動的に分解してしまう機能を持っています。変化のない室内での暮らしは脳への刺激も少なくなり、脳萎縮によって認知症のリスクが高まってしまうのです。ほかにも、室内で過ごす高齢者に現れやすいのが高齢うつと呼ばれる症状です。うつ病は脳神経への伝達物質が不足することでも発症します。変化の乏しい生活では脳への刺激も少なくなり、それに伴い神経伝達物質の生成量も減少します。高齢者であれば知人や家族との死別も多いため、この高齢うつに罹患し慢性的な不安感にさいなまれるようになってしまいます。有料老人ホームでは、認知症や高齢うつへの対処法として毎月楽しいイベントを用意しています。季節ごとのイベントやレクリエーションを行なうことで、脳の活性化を促し、毎日楽しく過ごせるようになるのです。

有料老人ホームが行なうイベントでは、花見や初詣、七夕やクリスマスといった四季に応じたイベントとなります。イベント参加によって楽しんでもらうだけでなく、季節の変化を感じてもらうことで、日々過ごす時間を大切に扱ってもらうというねらいもあるのです。有料老人ホームでは、ほかにも入所者に趣味を見つけてもらうためのレクリエーションを行ないます。園芸や書道、カラオケなどをほかの入所者と一緒に行なわせてくれます。周りの人と楽しくおしゃべりをしながら楽しめるので、多くの高齢者の方に満足してもらえます。趣味を見つけることは老後の生きがいを得ることにも繋がります。周囲の人との繋がりを得て、前向きに日々を過ごすことができるので、うつや認知症のリスクも大きく減らすことができます。有料老人ホームは入所者のお世話をするだけでなく、体の機能面での改善も行なうので、高齢者の方を預けることで元気に過ごさせることができるでしょう。